Seamless

 Virtual Reality News

メニュー

VR+プロジェクションマッピング:VR上でペイントした現象がSAR(空間拡張現実)上でリアルタイムに光投影される手法が登場

研究プロジェクトチーム「Potioc」は、「Spatial Augmented Reality(SAR)」とVRをリアルタイムに組み合わせた「Hybrid Mixed Reality」を発表しました。

空間拡張現実(SAR)

SARとは、「空間拡張現実」と呼ばれ、HMDやウェアラブルディスプレイなどを装着せずにプロジェクタを用いて実対象の見かけを仮想対象と置き換える光投影手法(プロジェクションマッピング)です。そのため、複数人同時にAR体験できることを可能とします。

Hybrid Mixed Reality

公開されたデモ動画では、HTC Viveを使用したユーザーが目の前の箱に印をペイントしたり、空中に浮かしたりをする映像が映し出されます。

VR上でのペイントは、同時にSAR上にもリアルタイムに反映され、目の前の光投影された箱に印が記入されるといった同期を確認することができます。

逆も然りで、SAR上の現象もVR上へリアルタイムに反映されます。ただし、VR上で移動させた箱が連動してSAR上でも動くことはありませんので、静止状態のみでの手法となります。

 

合わせて読みたい

HTC Vive採用のトラッキングシステムで移動する表面上へのリアルタイム・プロジェクションマッピングを行った映像が登場 | Seamless

About

Seamless(シームレス)は、Virtual Reality周辺の情報を更新しています。(詳細はこちら