Seamless

 Virtual Reality News

メニュー

Amazon、独自3Dゲームエンジン「Lumberyard」にてVR開発に役立つ3つのサンプルを発表(ビデオ再生、触覚フィードバック、空間オーディオ)

Amazonは、自社開発するCryEngineベースの3Dゲームエンジン「Lumberyard」において、VRコンテンツ開発に役立つ3つのサンプルプロジェクトを発表しました。

Video Playback(ビデオ再生)、Haptic Feedback(触覚フィードバック)、Audio Production(空間オーディオ)の3つです。

Video Playback

本機能により、ビデオアセットをゲームシーンに挿入することができます。ビデオは、モノラルまたはステレオで60fps最大4Kの解像度で読み込んで再生します。また、ビデオ再生コンポーネントを球面上に配置することで、臨場感ある360°ビデオ再生体験も作成できます。2D、3D、球面の3つのビデオスタイルを切り替えることができます。モニター台数は最大100台まで可能。

Haptic Feedback

触覚フィードバック(繊細なテクスチャや大げさなフィードバックなど)を加えて、VR世界の臨場感を高める機能です。Oculus TouchおよびViveコントローラに対応します。

Audio Production

本機能では、既存の3Dオーディオモデルを調整してよりパーソナルな環境でのリスニング感覚を提供します。ユーザーは、音がどこから来ているのかを自然に突き止めることができます。この効果を達成するために、音が各耳に個別に到達するのに要する時間や遅延を計算します。

About

Seamless(シームレス)は、Virtual Reality周辺の情報を更新しています。(詳細はこちら