Seamless

 Virtual Reality News

メニュー

VRベンチマークツール「VRScore PC」始動。PCのレンダリングパフォーマンス、直接差し込んでHMD自体の遅延を測定。オンラインでスコアを共有可。DirectX 12もサポート

フィンランドベースの「Basemark」は、VR向けベンチマークツール「VRScore™PC」を正式に発表しました。

VRScore PCは、VRアプリケーションにおいてPCとヘッドマウントディスプレイのレンダリングパフォーマンスとレイテンシ(遅延)を客観的に測定するツールです。使用すると、ユーザーが本当に自分のPCが快適にVR体験を実行できるかどうかをチェックすることができます。

実際のテストでは、Crytekのゲームエンジン「CRYENGINE」によって開発された「Codename:Skyharbor」という仮想世界で実行されます。テストには、ヘッドセットの有無にかかわらずレンダリング、ベースラインの4K 3Dテストが含まれます。オンライン結果サービス「Power Board」の統合により、ユーザーは結果をオンラインで登録し、他のユーザーと比較することができます。

サポートされているHMDは、Oculus Rift、HTC Vive、OSVR HDK2、その他はOpenVR SDKでサポートされています。VRScore PCはHMDなしでも使用できます。また、3DグラフィックスAPIは「DirectX 12」と「DirectX 11」をサポートしています。

また、客観的なベンチマークを開発するため、同社はAMD、Intel、NVIDIAなどの業界の主要企業と緊密に協力しました。

測定装置「VRTrek」

さらに、同社による特許出願中の測定装置「VRTrek」を利用して、HMD自体のレイテンシを正確に測定することができます。

VRTrekは、高さ調節可能なスタンドに取り付けられた2つの感光センサー搭載アイテムで、HMDの内側に物理的に差し込んでレンズ越しに測定します。

PC側には3.5mmマイクジャックに接続し、マイクポートを介して輝度のアナログ測定値を送信します。分析後、先ほどのオンライン結果サービス「Power Board」に接続して、自分の結果を他のシステムの結果と比較することができます。

5つのバージョン

VRScore PCは、5つの異なるバージョンで利用可能になります。

  1. Free(2017年第2四半期を予定)このソフトウェアの無料版は、自宅または私的使用のためのものであり、エンドユーザーにVR用のシステムをテストおよび評価する機能を提供することを目的としています。無料バージョンは、必要なバックエンドシステムを完成させるために、次のプロフェッショナル版が開始されてから数週間後に開始されます。Freeでは測定装置VRTrekはありません。
  2. Professional(2017年第2四半期を予定)プロフェッショナル版は、家庭用および個人用の限定された商用バージョンです。それはカスタマイズされたテストのためのより多くのオプションを提供し、いくつかの詳細な情報と内訳解析データを提供します。
  3. Media(今すぐ利用可能)メディア版は、メディア使用のみのプロフェッショナル版から派生した限定商用バージョンです。それはカスタマイズされたテストのためのより多くのオプションを提供し、いくつかの詳細な情報と内訳解析データを提供します。このバージョンには、Basemark Power Boardデータベースへの自動結果送信を防止するオプションがあります。ライセンスは要問い合わせ。
  4. Corporate(今すぐ利用可能)企業版は、企業向けのフル機能の商用版です。このバージョンには、プロフェッショナル版と以下の表に記載されている他の機能のすべてが含まれています。
  5. Corporate Premium(今すぐ利用可能)Corporate Automationバージョンへのテスト自動化のサポートが追加されています。テスト自動化により、顧客は製品管理とテストプロセスにVRScore PCを統合することができます。
Feature Free Professional Media Corporate Corporate Premium
System Score Yes Yes Yes Yes Yes
VRTrek Score  No Yes Yes Yes Yes
Feature Test Results No Yes Yes Yes Yes
Select Test No Yes Yes Yes Yes
Automated result submit (default) 常にOn 常にOn On Off Off
Internet Connection Required (*) Yes Yes Yes Yes No
Custom Configurations No Yes Yes Yes Yes
Test Automation No No No No Yes
Ability to render arbitrary screen(s) No No Yes Yes Yes

(*)無料版およびプロフェッショナル版は、Power Boardデータベースに接続したときのみ結果を表示します。

 

 

About

Seamless(シームレス)は、Virtual Reality周辺の情報を更新しています。(詳細はこちら