Seamless

Virtual Reality News

メニュー

子供のインフルエンザ予防接種がVRを利用することで恐怖が71%軽減。親、スタッフの負担も軽減

米カリフォルニア州サンタバーバラにある「Sansum Clinic」は、インフルエンザの予防接種を子供に接種する際、VRを使用することで恐怖を軽減できるのではというパイロットスタディを実施し結果を発表しました。

パイロットスタディは、サンタバーバラとロンポックのSansum Clinic拠点で2016年9月と11月に実施されました。ワクチン接種中にVRヘッドセットを使用した子供たちと、従来の方法でワクチンを受けた子供たちを比較します。コンテンツは海のシーンです。

244人中約半数の112人がVR体験中に接種を受け、Sansum Clinicのスタッフは、VRを使用した子供が痛みを75%軽減し、恐怖を71%軽減したことを報告しました。また、実施した結果として、Sansum Clinicの小児科医Mark Silverberg医師は、VRが子供、両親、スタッフにとっての予防接種を容易にしたことを主張しました。

また、米国小児科学会がワクチンの遅延理由を調べたところ、3/4の調査医師が両親の不快感に対する懸念が理由で予防接種を延期していることを最近報告しています

About

Seamless(シームレス)は、Virtual Realityの記事を主軸に更新しています。(詳細はこちら