Seamless

 Virtual Reality News

メニュー

レノボ、Microsoftの「Windows Holographic」対応VRヘッドセットをCES 2017で披露。価格は400ドル以下。OLEDパネル(1440×1440)2枚を搭載

2017年1月5日(木)〜8日(日)に米ラスベガスで開催される年次イベント「CES 2017」にて、LenovoがMicrosoftの「Windows Holographic」プラットフォームに対応したプロトタイプHMDを披露することを複数の米テック系メディアが一斉に報じました。

画像:Lenovo’s first VR headset is a low-cost Windows Holographic alternative | Windows Central

デザインはPlayStationVRに類似しており、ヘッドセット側面には「HOLOGRAPHIC」の文字が印字されています。重量は350gほど。そして、1440×1440のOLEDディスプレイパネルが2つ搭載していると言います。Oculus Rift CV1の片目あたりが1080×1200ですので、超える解像度です。

デバイス前方には2つのフロントカメラが整備されており、現実とミックスするAR的機能が期待されます。モーションコントローラは付属していませんが、他のWindows Holographic周辺機器と互換性があり、またWindows Storeアプリケーションと一部のHoloLensソフトウェアも動作するとのことです。今年中に出荷されるとしており、価格は300-400ドルあたりになるとのこと。

マイクロソフトは、去年の10月に開催したイベントにてLenovo、HP、Dell、ASUS、Acerの各社ベンダーと共同でVRヘッドセットを開発することを発表していました。その中でレノボが一番乗りといったところでしょうか。また、6自由度のヘッドトラッキングや外部カメラなどなしにユーザーの位置を追跡するInside-outのトラッキングも可能にするとも謳っていました。

About

Seamless(シームレス)は、Virtual Realityを主軸に更新しています。(詳細はこちら