Seamless

 Virtual Reality News

メニュー

Rift/Viveを無線にする新デバイス「KwikVR」が登場。WiFi(5Ghz)経由、重量1ポンドの受信機、遅延は12ms以下、4時間駆動

フランスに本社を置く「Scalable Graphics」は、ハイエンドVRシステムを無線にするソリューション「KwikVR」を2017年1月5日(木)〜8日(日)に米ラスベガスで開催される年次イベントCES 2017で披露することを発表しました。

KwikVRは、HTC ViveとOculus Riftをワイヤレスにするシステムで、受信機(HDMIポートとUSBポート含む)を腰にベルトで取り付けて使用します。

1ポンド(約453グラム)の受信機は、パソコン間をWifi(5Ghz ac)を介して圧縮したデータを伝送します。16100mAhバッテリによる4時間駆動。90Hzで動作するOculus RiftとHTC Viveの2160×1200解像度(1080×1200 OLEDパネル)で12ms以下のレイテンシで動くと謳います。

ハイエンドVRシステムの無線ソリューションといえば、他にも

  • 中国ベースの「传送科技(TPCAST)」(過去記事
  • オーストラリアのスタートアップ「Immersive Robotics(IMR)」による「MACH-2K」(過去記事
  • 米サンフランシスコベースの「Rivvr」(過去記事
  • CelenoとNGCodec共同開発のワイヤレスシステム(過去記事

などが挙げられています。KwikVRの公式サイトはこちら。

 

 

About

Seamless(シームレス)は、Virtual Reality周辺の情報を更新しています。(詳細はこちら