Seamless

 Virtual Reality News

メニュー

Google、Android向け最新Chromeベータ版に「WebVR API」を採用し発表

Googleは、Android用Chrome最新バージョン56のベータ版を発表、その中にはWebVR APIとGamePad API extensionsが含まれています。

WebVR APIは、Daydream ViewなどのVRヘッドセットにWebアプリケーションの立体的な3Dシーンのレンダリングを可能にし、ユーザーはVRヘッドセットを使ってChrome経由でオンラインコンテンツを楽しむことができます。

GamePad API extensionsでは、Daydreamコントローラなどのモーションコントローラからの入力にアクセスし、VRで自然なやりとりを可能にします。また、Origin Trialでは、開発者はウェブサイトを訪れているすべてのChromeユーザーに対してこの機能を一時的に有効にすることができます。

WebVR Webアプリケーションを開始して構築する方法を学ぶには、WebVR developer siteでチュートリアルとサンプルが閲覧できます。

About

Seamless(シームレス)は、Virtual Realityを主軸に更新しています。(詳細はこちら