Seamless

 Virtual Reality News

メニュー

カリフォルニア大学バークレー校、1mを垂直ジャンプする俊敏性が高い小型ロボット「SALTO」を開発

カリフォルニア大学バークレー校のロボット工学者は、空中に飛び込み壁を跳ね返すか、または連続して複数の垂直ジャンプを実行する小さなロボット「SALTO」を設計しました。

gif-3-iloveimg-compressed

これにより、今まで最高のロボット垂直飛行の俊敏性が記録され、これまで到達できなかった新しい移動経路を開きます。研究者たちは、将来的にはこのロボットなどを使って捜索救助隊として瓦礫の周りを飛び回ることを望んでいます。

SALTOのスペックは、重量100g、全長が26cmで垂直飛行の俊敏性は1.75m/秒、最大約1.008mまで飛ぶことができます。壁を使った三角ジャンプでは、約1.21mを達成。

 

About

Seamless(シームレス)は、Virtual Realityを主軸に更新しています。(詳細はこちら