Seamless

 Virtual Reality News

メニュー

証明写真のように公共設置で顔を90秒で3Dスキャンしてくれる卵型フォトブース「LUNA」。ソーシャルVR使用のリアルなアバター作成などへ活用

Wolfprint 3Dは、VRなどで使用するリアルなアバターを作成するために、高品質な3Dスキャン技術を提供するエストニアベースのスタートアップです。

vr

同社が開発する「LUNA」と名付けられた卵のような小型キャビンフォトブースは、ユーザーが入ると6台のカメラで顔周囲をスキャンしてくれます。90秒というスピードで読み込みリアルな3Dモデルに仕上げます。

vr%ef%bc%93

LUNAは、証明写真やプリクラのように利用者が課金(カード決済)しタッチスクリーンなどを操作してセルフで撮影します。

vr%ef%bc%92

将来的には、ショッピングモールや空港など世界中の街へ設置したいと構想しており、現在までに、タリン(エストニア)、ロサンゼルス(米カリフォルニア州)の敷地内にLUNA4台を設置、すでに5,500人以上がスキャンしているといいます。(テスト中なため無料)

vr%ef%bc%96

撮影した3Dデータは、コンテンツプラットフォームにアップロードされ、リンク先がメールで送られ閲覧することができます。これら3Dデータの活用方法として、ゲームのアバターや3Dフィギアなどが考えられますが、同社はとりわけVRでのアバターを意識しており、中でもFacebookなどが模索しているソーシャルVRの可能性に寄与できるのではと考えています。さらに、個々の3Dデータをデータベース化しVR開発者をつなぐネットワーク形成も構築したいとも考えています。

執筆現在、SeedInvestにて同社へ投資することも可能としています。

公式サイトはこちら

 

 

About

Seamless(シームレス)は、Virtual Reality周辺の情報を更新しています。(詳細はこちら