Seamless

 Virtual Reality News

メニュー

ロンドン大学、伸縮する素材に空気を送り膨張させる触覚フィードバック技術を披露。Google Tangoとの連携など

ロンドン大学の「Interactive Architecture Lab」は、Sarotisプロジェクトと呼ばれる新しい触覚フィードバック技術を公開しました。

untitled-1

首や腕、足、腰といった箇所に異なる形状のヒドロゲルでできた伸縮性が高いデバイスを巻きつけ、空気を送り膨らませ圧力ベースで感触を伝えるというものです。

sarotis

Tangoと連携したナビゲーションツール

応用として、GoogleのTango搭載デバイスと連携し、空間情報を3Dスキャンで収集、検出された障害物に基づいて首と脚片のチャンネルを膨張させ衝突を防ぐ実験もします。この事により、視覚障害の方のナビゲーションツールとしての使用を提案します。

gif-1

加えて、物理空間に仮想空間を構築する可能性も実験しました。仮想の壁に近づくと膨張させて仮想空間の地図を認識させるというものです。以下ビデオで確認することができます。

 

 

About

Seamless(シームレス)は、Virtual Reality周辺の情報を更新しています。(詳細はこちら