Seamless

 Virtual Reality News

メニュー

スタンフォード大「SHAPE lab」、VR内のモノの感触を伝える低電力ブレーキベースの触覚フィードバックデバイス「Wolverine」の論文を公開

米スタンフォード大学Stanford HCI Groupベースの「SHAPE lab」は、VRにおける触覚フィードバックデバイス「Wolverine」の論文を公開しました。

wolv1

Wolverineは、親指を主軸にその他3本の指(人差し指、中指、薬指)に装着するハプティクス・ウェアラブル・デバイスで、VR内の物体に合わせてシミュレーションする仕様になっています。

wolverine

システムは、低電力ブレーキベースのロックスライダーの作用を利用して、指それぞれのフィードバック制御により抵抗を与えVR内のオブジェクトを伝えます。

wolv2

wolv3

Bluetoothによる接続で、低エネルギーかつ軽量に焦点を当てているデバイスとも述べています。映像も公開されており、こちらから閲覧できます。論文はこちら(PDF)。

 

About

Seamless(シームレス)は、Virtual Realityを主軸に更新しています。(詳細はこちら