Seamless

Virtual Reality News

メニュー

Microsoft Research、テーブルに投影するコンピュータビジョンベースのフロントプロジェクター「PlayAnywhere」を披露。遠隔マルチプレイヤーによるチェスゲームも披露

マイクロソフトリサーチは、テーブルに投影するコンピュータビジョンベースの自己完結型フロントプロジェクター「PlayAnywhere」を披露しました。

fireshot-capture-2-playanywhere-youtube-https___www-youtube-com_watch_vnemvtqcq-wk

テーブルに投影されたオブジェクト操作などマルチタッチでインタラクティブに操作することが可能です。

下の映像では、マーカーみたいなモノをテーブルに置いてデジタルオブジェクトとして認識したり、テーブルの上に長方形の白い紙を置いてそれが動画の枠となり再生されたり、地図をマルチタッチで拡大したりしている様子が確認できます。

 

マルチプレイ

さらに、PlayAnywhereを使用したマルチプレイヤーゲームも披露しました。チェスゲームによるデモンストレーションです。遠隔のプレイヤーは投影された相手の手とチェス、こちらは現実の手とチェス、両者がリンクし合い戦います。

fireshot-capture-1-playtogether-youtube_-https___www-youtube-com_watch

基本的には、両者とも同じ環境で白い紙の上に表示されたチェス盤で物理的な駒を操作、相手はすべて投影ベースで表示されるといった具合で、特徴的なのが、チェス盤である紙を一方が動かすと相手の駒も連動して動くという点です。

 

さらに、映像の最後では、こちら側からテーブルの上に現実の紙を置いてペンで絵を描いたその上から遠隔ユーザーがデジタルベースで絵を書き足していき、共同作業を披露します。紙を動かしても相手の描いた絵は連動して動きます。こちらもチェス同様、両者同じ環境で相手も紙の上から普通にペンで絵を書いています。

ms

モバイルと接続

PlayAnywhereとモバイル端末をコンピュータビジョンベースとBluetoothベースで接続し関連付ける「BlueTable」も披露します。

テーブルの上にモバイル端末を置くだけで接続し、モバイル内の画像を呼び出して投影することもでき、マルチタッチで移動や拡大を可能としています。さらに、2台目のモバイル端末も同時接続できることも実証しています。

 

About

Seamless(シームレス)は、Virtual Realityを主軸に更新しています。(詳細はこちら