Seamless

Virtual Reality News

メニュー

VR内のモノを触った時の感触を2パターンで指先に伝えてくれる触覚フィードバック技術「NormalTouch and TextureTouch」(UIST 2016)

2016年10月16-19日に東京で開催するユーザインタフェースに関するトップカンファレンス「UIST 2016」にて、ハンドヘルドを使用したVR内3次元触覚形状レンダリング「NormalTouch and TextureTouch」が発表されます。

touch

「NormalTouch」と「TextureTouch」という2つのマーカーベースの追跡による触覚フィードバックコントローラを使用します。両者ともに、先端部分に人差し指を置いてVRオブジェクトを指先で触った感触を受け取るというものです。

前者は表面の形状を伝えるためグリグリ動き、後者は質感テクスチャを伝えるため4×4のピンが合わせて動きます。

touch2

(左がNormalTouch、右がTextureTouch)

開発チーム

Hrvoje Benko, Christian Holz, Mike Sinclair, Eyal Ofek

 

About

Seamless(シームレス)は、Virtual Realityの記事を主軸に更新しています。(詳細はこちら