Seamless

 Virtual Reality News

メニュー

VRヘッドセットの視覚画像処理を介して無意識のうちに着用者の歩行方向を変更させる「Optical Marionette」(UIST 2016)

2016年10月16-19日に東京で開催するユーザインタフェースに関するトップカンファレンス「UIST 2016」にて、VRヘッドセットの視覚処理を介して無意識のうちに視覚的錯覚を引き起こさせ装着者の歩行方向を変更させる「Optical Marionette」が発表されます。

optical

紹介ビデオでは、ユーザーはOculus Rift DK2に取り付けたパススルーカメラで実世界を認識しながらAへ向かい、制御する側は捉えた画像を処理することによりユーザの視界に対してリアルタイムな視覚的フィードバックを与えBに向かわせることをします。

op

矢印や音声といった指示情報を提示し人が認識し移動するナビゲーションではなく、無意識に制御する歩行者ナビゲーションシステムという意味でも新しいアプローチになります。

開発チーム

Akira Ishii、Ippei Suzuki、Shinji Sakamoto、Keita Kanai、Kazuki Takazawa、Hiraku Doi、Yoichi Ochiai。

 

About

Seamless(シームレス)は、Virtual Realityを主軸に更新しています。(詳細はこちら