Seamless

Virtual Reality News

メニュー

筋電位によるジェスチャー操作を可能するアームバンド「Myo」の開発元、シリーズBラウンドで120万ドルの資金調達を発表

筋肉の動きを読み取りジェスチャーコントロールを可能にするアームバンド型ウェアラブルデバイス「Myo」を開発する「Thalmic Labs」は、シリーズBラウンドで120万ドルを資金調達したことを発表しました。

投資家には、Intel Capital、The Amazon Alexa Fund、Fidelity Investments Canadaなどが含まれます。

myo1

同社は、筋電位(腕の筋肉の電気パルス)によるジェスチャー認識を可能するアームバンド「Myo」を開発・販売しているチームです。

「Myo」は、腕に装着しコンピュータやスマートフォン、ゲーム機、VR、AR、遠隔操作の装置などのジェスチャーコントロールを可能にするデバイスです。電気パルスを測定する筋電計の技術を用いて、ユーザーが動き筋肉を使った時に発生する電気をセンサーで捉えデジタルへ変換する。使用用途はゲームだけにとどまらず、義足や手話など医療に活用されたりもしています。

myo

About

Seamless(シームレス)は、Virtual Realityの記事を主軸に更新しています。(詳細はこちら