Seamless

 Virtual Reality News

メニュー

Oculus、モバイルVRヘッドセット向け深度カメラによる3Dマッピングシステムの特許を取得

Oculus VRは、米国にてモバイルVRヘッドセットにマウントさせる深度センサー搭載カメラからの3Dマッピングシステムを含む特許を取得しました。(特許はこちらこちら。)

oculus

カメラはヘッドセットのフロントに装備することで、リアルタイムで環境をスキャン空間の奥行きを測定し3次元で物体を検出します。手や指の追跡とジェスチャー認識を可能にします。

期待したいのは、Inside-out方式による位置追跡です。外部センサーなしにHMDの位置を把握する機能、以前から同社CTOのジョン・カーマック氏筆頭に現在進行形で追及している技術でもあり期待値の高い機能です。2016年5月に彼のツイートにて、位置追跡に関してはスマートフォンの既存カメラではなく別で専用カメラをターゲットにしているとも述べています。

他方で、HMDに取り付けるInside-out方式による位置追跡といえば、Intelスタッフのツイートで流出したHTC Viveに取り付ける深度センサーが思い出されます。こちらも追跡によるハンドジェスチャーを可能にするほか、リアルタイムによる3Dマッピングも可能にするとされています。

intel

About

Seamless(シームレス)は、Virtual Realityを主軸に更新しています。(詳細はこちら