Seamless

Virtual Reality News

メニュー

新たなVR歩行システム「WalkAbout」登場。グリッド(格子状)を参考にプレイエリアの向きを再調整。HTC Vive ルームスケールVRを利用

Tekton Gamesは、新しいVR歩行システム「WalkAbout」を発表しました。HTC Viveが採用しているValveのトラッキングシステム「Lighthouse」からならルームスケールVR内を利用したシステムです。それは、SteamVRコントローラーのボタンを押すことで表示されるグリッド(格子状)の壁を基準にプレイエリアの向きを再調整することで歩行します。

original (2)

VR内に表示されるグリッドの壁は、物理世界でプレイ可能なゲームエリアを表しています。その壁を参考にぶつからないよう移動するわけですが、WalkAboutでは壁によって前進できなくなっても体を回転させ先に進むことを可能にします。それは、ゲームを固定しプレイエリアだけを回転させることで実現します。つまり、グリッドを目安に歩けるエリアを再調整することで、VR領域を広く移動することを可能にするわけです。このことにより、テレポートやトレッドミルを必要とせず、比較的狭いスペースでも効率よくVR歩行できるようになります。

VR酔い対策としては、回転による酔いを緩和するためグリッド状態で回転する時は背景をぼやかす方法を採用しています。プレビュー映像を見る限り濃い目のぼかしを入れてるように思えます。回転によるVRヘッドセットの有線コードが絡まる問題も映像を見る限り大丈夫そうです。

ちなみに、今回の歩行システムは、同社が制作中のサイコスリラー/ホラータイトル「The Dark Within」で使用するために開発されました。

 

グリッドを使用して回転させるVR歩行技術でいえば、以前にも「Holosphere」というアイディアもありました。過去記事を参照してみてください。

About

Seamless(シームレス)は、Virtual Realityの記事を主軸に更新しています。(詳細はこちら