Seamless

 Virtual Reality News

メニュー

最先端VRラボも設置、バーチャルリアリティが「うつ病」に効果的か研究中

躁状態と鬱状態のエピソードを繰り返す精神疾患「双極性障害」の治療に、バーチャルリアリティ(VR)が効果的か検証しています。以前からPTSDやトラウマ治療に良いとされてきましたが、今回はいわいる「うつ病」治療への効果に良いかの研究です。

スクリーンショット 2015-07-19 23.48.02

スクリーンショット 2015-07-19 23.51.18

ロンドンにあるキングス·カレッジ病院の精神医学、心理学&神経科学研究所の研究者らは、心理療法と薬物療法などの伝統的な治療とともにVRゲームを用いた治療が効果的ではないかと考えています。同病院は、フルモーショントラッキングを可能にするために部屋の周りにモーションセンサーを取り付けた最先端のVRラボを持っています。

スクリーンショット 2015-07-19 23.51.25

スクリーンショット 2015-07-19 23.49.35

そして、患者の感情を誘発するような日常的場面を作成、例えば、ロンドンの地下鉄・バス・カフェなど公共の場所を3Dアニメーションで制作しました。いろんなシュチュエーションを統合失調症の患者に体験してもらいどう反応するかテストをします。まだまだ可能性としては初期段階ですが、双極性障害で苦しんでる人は大勢いるので効果に期待したいところです。

リンク

Treating Bipolar Disorder With Virtual Reality – Al Jazeera English

Virtual Reality Now Being Used to Treat Bipolar Disorder – VRFocus

About

Seamless(シームレス)は、Virtual Realityを主軸に更新しています。(詳細はこちら